蘇州情報
 ニットプラン&ポムスの製品はこんこんな古城(まち)でつくられています

お知らせ6月12日

カシミヤオーダーニット
1枚からOKです。

SSのオーダーニット糸も用意しています。

.................................................................. 

2021年AWアルパカニット(本場ペルー製)


サンプルそろいました。

小ロットでの生産ご相談受付開始してます。

アルパカオーダーニットも開始しました

又、現物の販売も受け付けておりますますのでお気軽にご相談ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


カウチンニット(限定50枚)販売受付中

お問い合わせください。


*****************************************

蘇州情報―雨の獅子林―210612

獅子林は蘇州博物館、拙政園の程近くにあり、ここも多くの観光客が訪れる。









池、太湖石等の珍しい石で作られた築山、洞窟で「築山の王国」と言われているそうで

元代に作られた古い庭園で約
350(1153)の広さだ




獅子林の名の由来は園内にある石の姿が9匹のライオン(獅子)に似ていることだそうだがどの石???




ここには何度か訪れたが雨の獅子林はこの時だけ


外に出てみると露店に色鮮やかな季節の果物が並んでいた。


蘇州情報―八仙―210605

蘇州の繁華街、石路の一角に大きな八仙の石像があり、又その近くの道教寺院にも祀られている。




八仙とは日本における七福神のようなもの。








中国では大衆に受け入れられ、信仰は厚いとのこと。

日本の七福神(恵比寿、大黒、寿老人、福禄寿、布袋、毘沙門天、弁財天)共々神通力を発揮し、

今日の世界からコロナ過を一掃してほしいと願うものである。

蘇州情報―豚足の美味しいお店―210529

 この店は清の第6代皇帝「乾隆帝」が名づけ親。


お忍びで訪れた田舎で雨が降ってきたのでの農家の軒先で雨宿り。

お昼時の農家から良い匂いが漂ってきた。

「お腹が空いているのでご馳走してくれないか」とこの農家に声をかけたところ「田舎料理なのでろくなものはないが」と豚足をご馳走してくれた。

あまりの美味しさに、乾隆帝はこの料理でお店を始めなさいと自らお店の名前を書いてあげた。


コラーゲンたっぷりの豚足煮に

山菜スープが絶妙の味


エビチリも旨い!


野菜炒めとチャーハンもこれまた旨い!!



随分前に訪れた時のことを思い出してUPしましたが

コラーゲンたっぷりの豚足煮、また食べたくなりました。

蘇州情報―平江路と昆曲博物館―210522

 明・清時代の面影を今に残す平江路


その一角にこの博物館は有る


入り口では迫力のある木像が出迎えてくれる


京劇の原点の一つと言われる昆曲


蘇州市の東に位置する昆山が発祥の地


質素な白い花と静かな佇まい




又行ってみたい所の一つだ

蘇州情報―楓橋景勝区Ⅲ―210515

 古蘇城街は運河に囲まれている、その昔外敵から守る為に








北京から杭州までの大運河は蘇州の東側を流れているが

この運河もその支流の一つか?


穏やかな川面の中にも往時を偲ばせる物も

古蘇城内に出入りする人を見張る城門は今も残っている

昔この地を倭寇が襲ったこともあるそうだ

それを迎え撃った砲門か?





寒山寺の塔を望む

蘇州情報―楓橋景勝区Ⅱ―210508

 「南船北馬」の南船を目前で実感できるこの地。


景区の一角に漕運展示館が有り、往時の様子が解る








別の一角にも往時を伝える建物が



隣接する寒山寺ゆかりの寒山・拾得の画も展示されている


蘇州情報―楓橋景勝区―210501

 コロナ禍に入る前はGWの期間によく蘇州に行った。

ここ楓橋景勝区は寒山寺に隣接したところに有る





明代の面影を残す古い運河と橋、建物は静かな佇まいで心を和ませてくれる




唐張継の像と「楓橋に停泊する夜」の歌碑


今も唐張継が船の中にいるようだ


GWのこの時期、中国もメーデーの祝日、工場も休みなので観光に出歩いたが

今年は家籠りのGWである。

蘇州情報―蘇州公園―210424

市内にはあちこちに公園がある。




ここ蘇州公園は市内中程にあり緑の木々と草花が溢れる

 

この日は休日、多くの人がダンスに興じていた

 

子供たちに遊園施設もある




ここからすぐ近くを幹線道路が走り多くの車が喧騒をまき散らしていることを忘れさせてくれる。



蘇州情報―露店―210417

 朝と夕、決まった場所に同じ店が並んでいる、これらの写真は朝の様子


ナン(?)と揚げパン


豆乳、粽子の店


クレープ?  野菜類を巻いて、買った人は歩きながら食べている


万頭ももちろん売られてる


出勤途中の多くの人が買っていく

最近では、コンビニ店の数が増えるに従い、少しずつ減っているようだ。

小生も朝食に粽子(ちまき)をよく食べるが美味しいです。

店の人は近ずく小生を見かけるとすぐに粽子を用意してくれる顔なじみです。

今も有るのか???


蘇州情報―カシミヤ工場視察―201205

 蘇州市内から高速バスで約3時間、長江を渡り、南通を過ぎるとやっとこの工場に着く。


南通には日本の企業が沢山進出しているがこのカシミヤ工場の近くには日系の企業は見かけない

  

 

この日カシミヤニットの編立工場とカシミヤ糸の製造工場の2か所を視察した。