蘇州情報
 ニットプラン&ポムスの製品はこんこんな古城(まち)でつくられています

お知らせ 7月31日

カシミヤオーダーニット  1枚からOKです。

アルパカニット(ぺルー製)も扱ってます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
       

蘇州情報―白居易と山塘街―210731


日本では長恨歌等の詩人として知られている白居易(白楽天)が唐の時代蘇州の長官として赴任した時に

用水路と道路を同時に開通させ虎丘山と蘇州城をつないだ。


水路が山塘河で陸路が山塘街


入口の近くに記念館がある。







当時の面影を今に残す山塔街はいつも多くの観光客で賑わっていたが今は?

蘇州情報―蘇州の夏―210724

日本では各地で猛暑が続いている。

蘇州もこの時期暑い日が続く。



この日蘇州市内から長距離バスで1時間半ほど北の張家港市へ。


空は青空が広がり気温はみるみる上昇。



バスの中の気温も30度。


張家港市の工場の庭には柘榴が色付いていた。



工場からお土産にもらった張家港名産の桃。



これらは3年前の事ですが今年はもっと熱いかも、台風の進路も心配です。


蘇州情報―蘇州で見る月―210717

うっとうしい梅雨が明けました。

        

5年前の蘇州で見た月。


見下ろす街の様子は日本と違いますが


見上げると日本と同じ月



「山川異域 風月同天」

      

蘇州情報―蘇州の画家「談宋旺」―210710

家籠りの日に押し入れの整理をしていて談さんの絵を見つけた。


寒山寺の門前商店街で知り合ってから何回か蘇州に行った時に会っていた。


その度に活動拠点を替え、この時は蘇州市の公的施設の一角の部屋で創作活動を行っていた。


蘇州市を訪れた要人への贈答品として蘇州市が買い上げてくれるとのこと。

この2点を買い求めたがいくらだったか?

談さんが使っていた硯も譲って頂いたが所在が不明。



今はどこで活躍しているのか「談宋旺」

     

蘇州情報―蘇州評弾博物館―210703

平江街の一角に有るこの博物館は観光客よりも地元の人が多く訪れるようだ。


3(50)の入場料(今は4元?)で緑茶を飲みながら鑑賞できる。


蘇州評弾は蘇州評話と蘇州弾詞の総称で、三弦と琵琶の楽器を二人で弾きながら歌われ、浪曲と講談をミッ

クスされたように聞こえる。


400年以上前から続く伝統芸術が身近に聞けるのは蘇州ならでは。


市内の他にも評弾を聞ける所は有るがここが一番歴史を感じることができる。